ユーザ用ツール

サイト用ツール


縦衝撃理論

theory of longitudinal impact

 細長い弾性棒の一端を軸方向に速度vで衝撃的に圧縮すれば,\[\begin{array}{l} \sigma = \frac{E}{c}v,c = \sqrt {\frac{E}{\rho }} \\ E:縦弾性係数,p:密度,c:棒中の縦波の伝ぱ速度 \end{array}\]の圧縮応力が生じ,応力は応力波(弾性波)となって伝ぱ速度cで伝ぱする.棒中を伝ぱする弾性波はその形を変えないで伝ぱし,材質あるいは横断面積が変化している不連続面で反射と透過を行うが,その形は変わらない.この性質を利用して図式解法などを用いると棒中の衡撃応力の変動を求めることができ,これを縦衝撃理論という.棒のねじり衝撃でも同様の理論が成立する.ただし,この理論は一次元波動伝ぱのみに限られ,二次元以上では成立しない.