ユーザ用ツール

サイト用ツール


弾性追従

elastic follow-up

 高温構造物の形状不連続部に強制変位を負荷すると,その高応力部分では負荷後の経過時間とともにクリープなどの時間依存変形が累積するため低応力部分では変形が弾性的に回復する.これはちょうど低応力部分の弾性ひずみを肩代わり(フォロー)するように高応力部分で時間依存変形が生じるので弾性追従と呼ばれている.