ユーザ用ツール

サイト用ツール


弾塑性破壊

elastic-plastic fracture

 き裂のような応力集中部が起点となって破壊が生ずる場合,多くの金属材料では破壊の開始以前に応力集中部に塑性変形が生ずる.この塑性変形の範囲がき裂の長さに代表される寸法に比べて相対的に大きい場合,線形破壊力学パラメータである応力拡大係数は使用できなくなる.この状態での破壊を弾塑性破壊と呼び,破壊パラメータとしてはJ積分,き裂開口変位(COD)などが用いられる.弾塑性破壊開始時のこれらのパラメータの値を弾塑性破壊靱性または弾塑性破壊抵抗と呼ぶ.【JIC試験】