ユーザ用ツール

サイト用ツール


テトマイヤーの式

Tetmajer formula

 軸荷重を受ける柱の座屈応力を与える実験式の一つであり,次式で与えられ,直線公式とも呼ばれている.\[\begin{array}{l} {\sigma _{cr}} = a - b\left( {\frac{1}{r}} \right)\\ {\sigma _{cr}}:座屈応力,\frac{l}{r}:細長比 \end{array}\]この式は柱が比例限度以上に圧縮されたときに成立するもので,細長比の全領域に適用する場合には,弾性領域のオイラーの式と併用する.柱の設計式として用いられている.