ユーザ用ツール

サイト用ツール


ニューマン・ラジュの解

Newman-Raju's solution

 NewmanとRajuは,半だ円板状表面き裂を有する平板が引張りおよび曲げを受ける場合について有限要素法解析を行い,き裂の最深点での応力拡大係数の近似式を提案した.この解をニューマン・ラジュの解という.なお,ニューマン・ラジュの解は後にRaju-Newmanによってさらに改良された.