ユーザ用ツール

サイト用ツール


ひずみ硬化則

strain hardening law

 クリープ硬化は応力負荷後に生じたクリープひずみ\({\varepsilon _c}\)だけによって支配されると考える理論.すなわち,時間tにおいて応力σを受ける材料のその瞬間のクリープ速度\({{\dot \varepsilon }_c}\)は\[{{\dot \varepsilon }_c} = f\left( {\sigma ,{\varepsilon _c}} \right)\]で与えられるとするクリープ硬化則である.ここで,関数\(f\left( {\sigma ,{\varepsilon _c}} \right)\)は,一定応力クリープ試験結果の表示式とその時間微分\[{\varepsilon _c} = g\left( {\sigma ,t} \right),\quad {{\dot \varepsilon }_c} = \frac{d}{{dt}}g\left( {\sigma ,t} \right)\]から,時間tを消去して定められる.