ユーザ用ツール

サイト用ツール


複合硬化理論

combined hardening rule

 塑性構成式において塑性変形に伴う加工硬化を規定する硬化法則の一つで,降伏曲面の拡大(等方硬化)と中心の移動(移動硬化)を同時に考慮した理論.この理論では,初期降伏関数が\(f\left( {{\sigma _{ij}}} \right) - {\kappa _0} = 0\)(σij:応力,κ0:初期降伏応力)で表されるとき塑性変形後の降伏関数(後続降伏関数)は次式で与えられる.\[f\left( {{\sigma _{ij}} - {\alpha _{ij}}} \right) - \kappa = 0\](αij:降伏曲面の中心の移動を表す背応力,κ:塑性変形後の降伏曲面の半径).【硬化理論