ユーザ用ツール

サイト用ツール


不働態

passivity

 金属自体としては熱力学的に腐食の可能性はあるが,環境によっては酸化皮膜(不働態皮膜)を形成し,腐食速度が著しく低い状態となることがある.この状態を不働態という.受動態ともいう.例えば,鉄は希硝酸中では急速に溶解するが,濃硝酸中では不働態化するため腐食はほとんど生じない.不働態化は金属を水溶液中でアノード分極させても起きる.アルミニウム,ニッケル,ステンレス鋼などの金属が耐食性を示すのは不働態化現象によるものである.