ユーザ用ツール

サイト用ツール


プロビット法

probit method

 いくつかの応力レベルで多数の試験片を割当て,ある設定繰返し数まで疲労試験を行うと,低応力では破壊確率が低く,高応力になるほど破壊確率が上昇する.本法はこうして得られる応力レベルと破壊確率との関係をもとに,疲労強度の平均と標準偏差を求める手法である.疲労強度の分布形としては正規分布の適合性が広く認められており,上記疲労試験結果を正規確率紙上にプロットして線形回帰を行い,疲労強度分布の平均と標準偏差が求められる.また,試験片割当て数による重み付けを考慮した解析法が採用されることもある.