ユーザ用ツール

サイト用ツール


偏差成分

deviator

 二階テンソル\(\left\{ {{A_{ij}}} \right\}\)は次の形\[\begin{array}{l} {A_{ij}} = {A'_{ij}} + \alpha {\delta _{ij}};\\ \alpha = {A_{kk}} = \left( {{A_{11}} + {A_{22}} + {A_{33}}} \right)/3, \end{array}\]に分解できる.ここに\({\delta _{ij}}\)はクロネッカのデルタと呼ばれ\({\delta _{ij}} = 1\left( {i = j} \right)\)または\(0\left( {i \ne j} \right)\)のように定義されている.すなわち,\({A'_{ij}} = {A_{ij}} - \alpha {\delta _{ij}}\)で,これを\({A_{ij}}\)の偏差成分という.\({A'_{kk}} = 0\).また,\(\alpha {\delta _{ij}}\)を球対称成分ないし球成分ともいう.