ユーザ用ツール

サイト用ツール


崩壊

collapse

 塑性変形,クリープ変形が生じる場合,構造物,構造部材に作用する荷重が過大になると,荷重増分に対応して生じる変形増分が著しく大きくなり,最終的には荷重が増加しなくても変形が無制限に生じるようになる.この状態を崩壊と呼び,構造の耐え得る最終状態と考え,この状態を基準に構造の健全性を評価し,あるいは設計荷重を定める.塑性崩壊,クリープ崩壊が知られている.その限界荷重が崩壊荷重であり崩壊解析,極限解析により求めることができる.また,荷重変形線図に2倍こう配法を適用して実験的に求めることもできる.