ユーザ用ツール

サイト用ツール


ミーゼスの降伏条件

Mises yield criterion

 金属の降伏条件の一つであり,1913年にMisesが提案したもので,偏差応力の第二不変量が一定値に達すると降伏すると言うものである.その後,Henckyがこの説はせん断ひずみエネルギーが一定値に達したときに降伏するのと同じであることを示したことから,せん断ひずみエネルギー説とも呼ばれる.また,Nadaiは八面体せん断応力(主応力方向から等角度の方位をもつ面の上のせん断応力)が一定値になると降伏することと同じであることを示した(八面体せん断応力説).【降伏条件