ユーザ用ツール

サイト用ツール


余寿命評価

remaining life assessment

 使用中の機械,設備や構造物の適切なメンテナンスを図る目的で,ある特定の部品や部位の残存寿命を求めることであり,余寿命予測ともいう.通常,余寿命評価法としては,①サンプリング材の加速試験結果から外挿評価する破壊法,②経年使用に伴う部材の硬さ,電気抵抗,金属組織などの変化からマスタカーブを介して評価する非破壊法,③対象機器の形状,運転データなどを入力し,有限要素法などによる温度・応力(ひずみ)解析を行って,その結果から適当な寿命則に基づき評価する解析法,などがよく用いられる.