ユーザ用ツール

サイト用ツール


ランキンの実験式

Rankine formula

 軸荷重を受ける柱の座屈応力を与える実験式の一つで,次式で与えられる.\[\begin{array}{l} {\sigma _{cr}} = \frac{a}{{1 + b{{\left( {l + r} \right)}^2}}}\\ {\sigma _{cr}}:座屈応力,\frac{l}{r}:細長比 \end{array}\]この式は細長比の全領域にわたり適用可能であり,柱の設計式として用いられている.