ユーザ用ツール

サイト用ツール


レビ・ミーゼスの式

Levy-Mises equation

 ひずみ増分理論における剛塑性体の応力増分とひずみ増分の関係を与える構成式で,ひずみ増分成分が偏差応力成分に比例することを表す関係.主偏差応力を\({\sigma '_1}\),\({\sigma '_2}\),\({\sigma '_3}\),主ひずみ増分をdΕ1dε2dε3とすると\[\frac{{d{\varepsilon _1}}}{{{\sigma '_1}}} = \frac{{d{\varepsilon _2}}}{{{\sigma '_2}}} = \frac{{d{\varepsilon _3}}}{{{\sigma '_3}}}\]と表される.プラントル・ロイスの方程式において,弾性ひずみ増分を零とした(弾性定数を無限大の極値を考えた)場合に相当する.