ユーザ用ツール

サイト用ツール


鋳ぐるみ

insert

 心材(被鋳ぐるみ材)のまわりに溶融金属を注ぎ,一体化した鋳造品を得る成形加工法.特性の異なる材料の複合化,機械加工工程の省略などに有効である.心材には鋼,Ti,セラミックスなど,鋳ぐるみ溶湯には鋳鉄,鋼,Alなどが用いられる.接合状態により相互溶融接合,拡散接合,機械的結合の三つに分けられる.良好な金属的接合には界面の化学的,熱的条件の満足が必要であり,界面の酸化防止,ぬれ性向上のため,めっきなどの表面処理が用いられる.異種材料間では,界面での化合物生成,熱膨張率の差による割れ,変形などの問題もある.