ユーザ用ツール

サイト用ツール


遠心鋳造

centrifugal casting

 回転している鋳型に注湯し,遠心力を利用してち密な組織の製品を得る鋳造法.遠心力による押し湯効果,介在物の遠心分離効果の他に,中子を要しないという生産性の面などの利点から,管材やロールなどの円筒形状の製品の製造に利用されている.回転軸の方向により横型と竪型(たてがみ)に分けられている.横型は長さ方向に肉厚が均等な円筒状のもの(例えば,鋳鉄管)に,そして竪型はピストンリング,ギヤなどのように比較的短いものに適している.鋳型は主として,砂型,金型あるいは黒鉛型が用いられている.この鋳造法は鋳鉄,鋳鋼,銅合金,軽合金および軸受合金など種々の材料に適用されている.