ユーザ用ツール

サイト用ツール


ガス圧接

pressure gas welding

 二つの材料を突合せ,軸方向に加圧し,接合部を可燃ガス炎で加熱して接合する方法をいう.ガス炎としては酸素アセチレン炎が一般に用いられる.固相接合の一種である.はじめから両者を互いに加熱しながら加熱するクローズ法と接合面を溶融したのちに衝撃的に両者を押付けるオープン法がある.クローズ法がほとんどである.圧接性を支配する要因としては,圧接温度,圧接時間,アプセット量,接合面処理,ガス炎の性状などである.鉄道レールの圧接,鉄筋の圧接などに適用されている.