ユーザ用ツール

サイト用ツール


ガス溶接

gas welding

 各種のガス炎を熱源として,材料を溶接する方法であり,酸素アセチレン溶接および空気アセチレン溶接がある.一般的には酸素-アセチレン炎を使用することが多く鉄鋼や非鉄金属に適用されており,各種の補修溶接などにも用いられる.施工上の留意点としてはガス炎の調整が重要である.ガス炎の性質は酸素とアセチレンの混合の割合に依存し,酸素とアセチレンを,容積比約1:1で混合して得られる中性炎によって,一般的な溶接が施工されている.また中性炎よりアセチレンの割合が大きいアセチレン過剰炎においては,浸炭や炎焼入れなどに応用されている.