ユーザ用ツール

サイト用ツール


クリーニング作用

cleaning action

 シールドガスとして高純度アルゴンを用いるイナートガスアーク溶接(ティグ溶接やミグ溶接)で棒プラスのときに母材表面に形成される陰極点の作用によって酸化膜が除去され,母材表面がきれいな面となる現象.陰極表面上への陽イオンの衝突で酸化膜が破壊されるためと考えられている.Al合金やMg合金のように表面酸化物の融点が母材のそれより高い場合には適当なフラックスを利用するか,埋もれ溶接にする,またはこの作用を利用しない限り良好な溶接は実現しがたい.