ユーザ用ツール

サイト用ツール


後熱

postheating

 鋼の溶接,切断後に,加工部を523~623Kに加熱する処理をいう.この熱処理により,加工部の硬化を軽減させると共に拡散性水素を逃散させることにより割れが防止できる.広義には溶接後熱処理[PWHT]も後熱に入るが,一般的に,[後熱]は水素割れの防止を目的とした直後熱に対して使われる.