ユーザ用ツール

サイト用ツール


ジュラルミン

duralumin

 展伸用アルミニウム合金のうち高力用として開発された代表的な合金である.1911年までにドイツ人A. Wilmによって完成された.呼称はDurener Metallwerk A.G.社の名にちなむ.成分はアルミニウム以外に3.5~4.5%Cu,0.5~1.0%Mg,0.5~1.0%Mn,0.2~0.5%Siを含む.一般にインゴットは高温で十分鍛錬され,展伸用素形材に加工される.さらに溶体化処理後の時効硬化により,抗張力400MPa,伸び率20%,硬さ80~100HBとなり,軟鋼にも匹敵する強さを持つ.特に比強度はほかの金属に比べ高い.[JISA2017]に相当.