ユーザ用ツール

サイト用ツール


常温圧接

cold pressure welding

 金属材料を加熱すること無く,常温付近で強く加圧し,塑性変形をさせながら接合する方法をいう.同種金属のみでなく,異種金属の接合にも適用される.異種金属の接合では金属間化合物をほとんど形成すること無く接合可能である.表面状態は圧接性を支配する重要な因子であり,接合面は異物や油脂などの汚れのない清浄な面にする必要がある.重ね合せ法および突合せ法に大別される.圧接部は塑性変形のため,結晶粒の微細化した硬化組織である.例えば,アルミニウム,銅,アルミニウム-銅の圧接性はよい.