ユーザ用ツール

サイト用ツール


青熱脆性

blue shortness

 軟鋼が200~300℃付近の温度で変形されるとき軟化すると同時にもろくなる現象.CやNによる動的ひずみ時効が起こることが脆化の原因である.ひずみ速度が大きくなるほど青熱脆性の起こる温度が高くなる.青熱と呼ばれるのは,この温度範囲で,研磨した鋼の表面が酸化皮膜によって青色に変化する温度に相当するためである.青熱脆性が生じる場合には延性が著しく低下するので,例えば熱間プレス加工などの場合にはこの脆性を避けるように加工温度,加工速度を適切に選定しなければならない.