ユーザ用ツール

サイト用ツール


炭化けい素

silicon carbide

 密度3.2g/cm3程度.熱膨張係数5.5×10-6/℃.六方晶系のαと立方晶系のβがあり,α相には積層方法の変化した多数の多形が存在する.共有結合性が高いため高硬度であり,空気中では高温でも安定であるので,非酸化物の中では最も早くから耐火物,研磨材,発熱体などとして用いられてきたし,現在も高温構造用材料として窒化けい素とならんで最も有望視されている.