ユーザ用ツール

サイト用ツール


鍛伸

cogging

 棒状素材の側面を2個の平ダイスで逐次的にすえ込んで,横断面積を減少させることにより,棒の長さを展伸させる自由鍛造法.逐次成形であるので,1回のすえ込みにおけるダイス接触面積が小さいため,大きな加工荷重あるいは機械を使わなくても,長い棒の厚さを減少させることが可能である.この鍛伸加工の一例として,日本刀の製造工程が挙げられる.刀鍛冶は伝統的に,ハンマとアンビルを用いて加熱した鋼素材を鍛錬するとともに,展伸して日本刀を製造してきた.