ユーザ用ツール

サイト用ツール


まね型

loam mold

 まね(真土)を使った鋳型で,古来から美術工芸品の鋳造に使用されている.美しくなめらかな鋳肌が得られ,写実性に優れている.大別すると,惣(そう)型と焼型に分かれる.前者は,造型後表面を900℃位で焼いて,常温になってから鋳込みを行う.この方法で,鍋,釜,梵鐘(ぼんしょう),仏像などが作られた.後者は,高温のまま鋳込みを行う.この方法は,寄せ型による複雑な形状の美術品の鋳造に利用されてきた.