ユーザ用ツール

サイト用ツール


焼ならし

normalizing

 鋼をAc3またはAcm温度以上,約50℃から大気中に放冷する熱処理で,機械的性質の改善,切削性の向上,金属組織の調整などを目的として行われる.圧延材,鋳造材,鍛造材などには広く行われている.圧延のままの鋼材と圧延後焼ならしを行った鋼材を比較すると,焼ならし材のほうが衝撃値が向上し衝撃遷移温度が低下する.焼ならしによる機械的性質の向上は,オーステナイト組織から空冷されることによって,微細で均一な金属組織になることによるとされている.焼入れを行う前処理として行われる場合もある.