ユーザ用ツール

サイト用ツール


焼もどし

tempering

 焼入れによってマルテンサイトを含む硬化した組織を有する鋼を,加熱する熱処理で安定した金属組織と靭性の向上を目的としている.焼もどしはその温度によって炭化物,窒化物などの析出が異なるが,一般に焼もどしにより降伏強さ,引張強さが低下し,伸び,絞り,衝撃値が上昇し,焼入れによる残留応力が減少する.構造用鋼では300~400℃で焼もどしを行うと,低温焼もどし脆性が,またクロムを含む合金鋼では525~600℃の焼もどし後,徐冷すると焼もどし脆性525を示す.