ユーザ用ツール

サイト用ツール


焼もどし脆性

temper brittlement

 構造用鋼を特定の温度で焼もどすと靭性が低下し,脆性破壊が生じやすくなる現象.300~400℃で起こる一次焼もどし脆性と,525~600℃で起こる二次焼もどし脆性がある.二次焼もどし脆性はクロムを含む合金鋼にみられる.