ユーザ用ツール

サイト用ツール


溶接施工方法

welding procedure

 溶接施工は,溶接構造物の形状,寸法などに応じ,溶接姿勢溶接順序溶接用ジグ仮付け溶接すなわちタック溶接の必要性,ワンパス溶接溶接の全姿勢に対する可能性などを考慮して進める必要がある.溶接方法には溶接方向との関係によって,種々のものがある.溶加材がトーチの前を進む前進溶接,溶加材がトーチの後から進む後進溶接またはバックステップ溶接,飛び石のように溶接金属をおいて,のちに,飛び石の間を溶接するスキップ溶接(飛び石溶接),さらに,下進溶接上進溶接などがある.前進溶接は最も簡単な溶接方法であり,自動溶接ではほとんどこの方法が使用される.溶接長が長い場合,収縮と残留応力が大きくなるため,後進溶接やスキップ溶接が選定される.いずれにせよ,これらは,溶接に伴う変形,収縮,溶接残留応力,母材の材質,および溶接方法によって適切に選定する必要がある.