ユーザ用ツール

サイト用ツール


予熱

preheating

 溶接や切断に先立って,①割れ防止,②延性,靭性改善,③熱応力の低減,などを目的として,材料をあらかじめ加熱することをいう.予熱を行うことによって,溶接熱サイクルの冷却速度が低下し,HAZの硬化が低減されると同時に拡散性水素の逃散が促進される結果,水素割れが防止できる.また,鋳鉄の溶接に用いられる高温予熱では温度こう配が緩やかになるため,熱応力が低減され,硬化組織の改善と相まって割れの防止に有効である.多層溶接ではパス間温度は実質上の予熱温度となるが,調質型の高張力鋼では過度の予熱はHAZの軟化や脆化の原因となるため,その上限温度が規定される場合がある.