ユーザ用ツール

サイト用ツール


ろう付け

brazing

 ろう付け(ブレージング)では,接合母材間の狭い間げきに,母材融点以下の温度で加熱溶融したろうを,ぬれおよび毛管現象などにより充てんさせ,これを冷却凝固して接合する.この現象ははんだ付けと同様であるが,溶加材の融点が450℃以上のものをろう,それ以下のものをはんだと呼び両者を区別している.また,両者を合せてろう接と呼ぶ.加熱による酸化や汚染から接合部を保護するため,塩化物やフッ化物からなるフラックスを用いるか,不活性ガス中や水素などの還元性ガス中あるいは真空中でろう付けが行われる.加熱源により,アークろう付けガスろう付け(トーチろう付け),抵抗ろう付け,誘導加熱ろう付けなどに分けられる.また加熱方法および雰囲気により,溶融ろうの中に接合部を浸漬する金属浴ろう付け,ろうを組込んだ接合部を溶融フッラクス中に浸漬する塩浴ろう付け,種々の雰囲気中で行う炉内ろう付けや真空ろう付けなどにも分類される.さらに,ろうの供給方法により,ろう付け温度に加熱した接合部に棒状または線状のろうを供給するさしろう付けと,あらかじめ接合部に板状あるいはペースト状のろうを組込んでおく置きろう付けに分けられる.後者は特に自動ろう付けで効果的である.ブレージングシートは,Al合金薄板の片面または両面にAl-Siろうがクラッドされたもので,Al製熱交換器作製時のように多数部同時ろう付けの際にろう付け部に組込まれ,置きろうとして使用される.