ユーザ用ツール

サイト用ツール


ロールフォーミング

roll formig

 ロールフォーミング(冷間ロール成形)は,タンデムに配置された複数組の成形ロールに,コイル材・フープ材・切板などの金属素板または金属帯を通し,段階的かつ連続的に幅方向の曲げ加工を加え,平たんな素板から所要の断面形状を有する管材・形材・ブレート材・サッシ材などを製造する成形加工法である.この加工法は,生産効率の高い板材の成形加工法として,また,電縫管・軽量形鋼に代表される各種製品の製造技術として,量・質共に大きな役割を果たしている.その技術的特徴は,①管材,形材など所要の横断面を有し均質かつ長尺の製品の大量生産に適している,②素板として寸法精度の高い圧延板材を用い,かつ連続的に成形を行うため,表面性状・形状・寸法精度に優れた製品を得ることが容易である,③複数組の成形ロールにより,素板に段階的に曲げ加工を加える方法であるため,複雑な断面形状を有する製品を製造することが可能である,④かつ各段階で素板に加える変形の形態・順序・量を調節することが可能であるため,素板の特性に応じた成形加工を行うことができる,⑤連続加工であるため,成形機と同調する切断機・プレス・溶接機などにより,製品の所要長さへの切断加工・穴あけ加工・エンボス加工・溶接加工・長手方向曲げ加工などの補助的加工を,高生産性を維持しつつ行うことができる,などの点にある.