ユーザ用ツール

サイト用ツール


混合距離

mixing length

 せん断乱流に対するプラントルの混合距離の理論では,主流方向の時間平均速度をU,変動速度をu',これと直角方向(y)の変動速度をv',密度ρとすれば,レイノルズせん断応力\( - \rho \overline {u'v'} \)は\( - \rho \overline {u'v'} = \rho {l^2}|dU/dy|(dU/dy)\)で与えられる.lが混合距離(混合長さ)であり,流体粒子がその主流方向の運動量を失うことなく主流と直角方向に動きうる平均距離と解釈される.混合距離は,壁近くの乱流では壁からの距離に比例し,後流,噴流などの壁の影響を受けない乱流では,主流と直角な方向にほぼ一定で,それぞれの幅に比例する.