ユーザ用ツール

サイト用ツール


重力波

gravity wave

 液体が自由表面をもつとき,これに風などのじょう乱が与えられるとその凹凸を水平面にもどそうとする復元力がはたらくため波が発生する.表面張力を復元力とする波を表面張力波,重力(加速度g)を復元力とする波を重力波という.重力波のうち,波長λに比べて水深Hが非常に浅い波を長波といい,その進行速度Vは\(V = \sqrt {gH} \)で表される.波長に比べて水深が非常に大きい波を表面波といい,進行速度は\(V = \sqrt {g\lambda /2\pi } \)となる.重力と表面張力σが複合して作用する波の進行速度は,水深が大きいとき,\(V = \sqrt {g\lambda /\left( {2\pi } \right) + 2\pi \sigma /\left( {\rho \lambda } \right)} \)(ρは流体の密度)である.