ユーザ用ツール

サイト用ツール


シュリーレン法

Schlieren method

 光学的可視化法の一つで,測定部の流れに垂直に平行光線をあて,測定部を通過した光を凸レンズあるいは凹面鏡で収束させ,その焦点の位置にナイフエッジと呼ばれる遮光板を光軸に垂直において光の一部をさえぎった後,スクリーンに投影する方法.測定部の密度が一様な場合,ナイフエッジで光の一部をさえぎるとスクリーン上の測定部の像は一様に暗くなるが,測定部に密度こう配があれば,光はそこで屈折し,スクリーン上には明暗が現れる.このようにシュリーレン法では密度こう配に比例する明暗の像が得られる.