ユーザ用ツール

サイト用ツール


衝撃波管

shock tube

 膜で圧力の違う二つの室に仕切られた管.膜を破ると垂直衝撃波が発生する.膜の左側を低圧室(圧力p1),右側を高圧室(圧力p3)とする.膜を破ると衝撃波は一定速度で左へ伝ぱし,右へは膨張波が伝ぱする.最初に膜の両側にあった流体の境界(接触面)も一定の速度で移動する.衝撃波と膨張波の間の領域の圧力をp2とすると,衝撃波の強さp2/p1は膜を破る前の圧力比p3/p1で決まる.圧力比p2/p1が決まると垂直衝撃波の関係式によって衝撃波背後の状態が求まる.衝撃波管(ショックチューブ)は高エンタルピーの状態を得る簡単な装置であり,気体の解離や電離の研究に供されている.