ユーザ用ツール

サイト用ツール


ウィーンの変位則

Wien's displacement law

 1991年にW.Wienが黒体射出能\({E_{b\lambda }}\left( {T,\lambda } \right)\)が最大値をとる波長\(\lambda \)と絶対温度\(T\)との間の関係を数値的に求めた法則.黒体射出能が最大値をとる波長\(\lambda \)とその場合の温度\(T\)との積が一定値になる関係で,\({\left( {n\lambda T} \right)_{\max }} = 2{\kern 1pt} 898\mu {\rm{mK}}\)である.ただし,\(n\)は黒体回りの媒体の屈折率.