ユーザ用ツール

サイト用ツール


逆カルノーサイクル

reversed Carnot cycle

 熱機関サイクルであるカルノーサイクルを逆向きにしたサイクルで,冷凍機またはヒートポンプの可逆サイクルの一つ.作動流体(冷媒)は絶対温度\({T_H}\)のもとで熱量\({Q_H}\)を放出しつつ可逆等温圧縮され,ついで温度が\({T_H}\)から\({T_L}\)になるまで可逆断熱膨張する.絶対温度\({T_L}\)の作動流体は熱量\({Q_L}\)を吸収しつつ可逆等温膨張し,さらに温度\({T_L}\)から\({T_H}\)になるまで可逆断熱圧縮されて始めの状態に戻る.その成績係数は冷凍サイクルでは\({T_L}/\left( {{T_H} - {T_L}} \right)\),ヒートポンプサイクルでは\({T_H}/\left( {{T_H} - {T_L}} \right)\)であり,作動流体の種類には無関係である.