ユーザ用ツール

サイト用ツール


吸収断面積

absorption cross section

 微粒子・分子・原子・イオンなどの粒子を含んだ物質を電磁波(光・放射線など)が通過するとき,吸収される割合を粒子1個当たりとして示したもので,面積の次元を持つ.吸収係数\({k_\lambda }\)で単位体積当たりの粒子数\({N_0}\)のとき,吸収断面積は\({k_\lambda }/{N_0}\)となる.