ユーザ用ツール

サイト用ツール


強制レイリー散乱法

forced Rayleigh scattering method

 等波長の2本のレーザビームの干渉により試料上に生じる微細な縞(しま)状の温度場は,加熱が短時間で終了すると,その後は試料内の熱伝導によって均一化していく.この均一化の時定数を別のレーザビームを用いて検出し,試料の温度伝導率(熱拡散率)を,非接触,高速で求める測定法である.熱伝導は縞に垂直な方向だけに起こるので,異方性材料の測定にも応用できる.