ユーザ用ツール

サイト用ツール


再熱蒸気サイクル

reheat steam cycle

 ランキンサイクルにおいて,タービンで膨張して温度が低くなった蒸気をボイラの再熱器で再び高温の過熱蒸気にして,さらにタービンで膨張させるようにしたサイクル.ランキンサイクルの熱効率はタービン入口の蒸気の圧力と温度が高いほど高くなるが,蒸気温度は過熱器などの材料の耐熱強度の点から制限がある.この制限のもとで,蒸気圧力を高くすると,タービン低圧段における蒸気の湿り度が大きくなって,水滴によるタービン翼の損傷や湿り損失の増大につながる.蒸気の再熱によって,この湿り度の増大を抑えるとともに,熱効率と比出力を高めることができる.