ユーザ用ツール

サイト用ツール


相当(直)径

equivalent diameter

 任意断面形状の配管に対し等価な円管を想定するとき,その等価円管の直径を相当(直)径といい,A:配管の断面積,p:配管のぬれぶち長さ(周長)を用いて,deq=4A/pと定義される.円管に適用した場合,この相当(直)径は円管直径に一致する.また,相当(直)径は,流力直径あるいは水力直径と呼ばれることもある.また相当半径の概念も用いられるが,これは相当直径の2分の1として定義される.等価円管のデータを基に,その配管の流動あるいは熱伝達特性を推定するのに用いられ,現象の空間的スケール(代表長さ)を表す.相当(直)径は,一辺aの正四角形管ではdeq=4a2/4aa,一辺aの正三角形管では\({d_{eq}} = a\sqrt 3 \),流路高さhの平行平板間の流れではdeq=2hとなる.なお透過率k,空げき率εの多孔質層に対して,距離の次元を持つ\(\sqrt {k/\varepsilon } \)を空げき部を流れる流れの代表長さとすることがある.

1007341_01.jpg