ユーザ用ツール

サイト用ツール


総発熱量

gross calorific (heating) value

 燃焼生成物中の水蒸気が凝縮する,すなわち水であるとした場合の発熱量のことで,高(位)発熱量ともいう.炭化水素など分子に水素原子が含まれる燃料が,空気など酸素が燃焼にかかわる酸化剤と燃焼すると,燃焼生成物中に水蒸気が含まれる.室温付近に標準温度を設定する場合,標準状態では,このH2Oが凝縮し潜熱を放出するので,すべての発熱を考慮するならば,発熱量はこの総発熱量となる.しかし,排気温度が110℃を超え,水蒸気の潜熱が利用できない場合が多く,燃焼器の設計などには,一般にこれを用いない.