ユーザ用ツール

サイト用ツール


着霜

frost deposition

 気流中に含まれる凝縮性気体が,その露点より低く,かつ凝固点以下の温度にある固体面に凝結する昇華の現象.工業的には,凝結温度の差異による低温分離操作のように,着霜を意図的に利用する場合もあるが,低温空気熱交換器や空気熱源ヒートポンプの蒸発器では,水蒸気分子の壁面移行が熱移動と共役して生じ,熱および通風抵抗として冷却能力を低下させる霜層を形成する.このような着霜は,気流の温度,湿度,速度,伝熱面温度等の周囲条件に影響されるため,霜層の構造は動的に変化する.しかし,水蒸気分子の壁面核生成,氷結晶の一次元的で局所的な成長,結晶の遷移あるいは肥大化を経て,やがて安定な霜層へと成長していく過程には共通性があり,それは霜柱発生期,霜層成長期,霜層成熟期として特徴的に分類される.