ユーザ用ツール

サイト用ツール


燃焼器

combustor

 燃焼を起こさせる装置のこと.大別すると,間欠型と連続型に分けることができるが,燃焼器というと,一般に連続型を想定することが多い.ガスタービン燃焼器には種々のタイプの連続型燃焼器が用いられるが,燃料の供給の方法,空気の供給の方法,それらを実現するための燃焼器の構造などにより,環状燃焼器筒形燃焼器環状筒形燃焼器キャニュラ形燃焼器スリンガー形燃焼器直流形燃焼器セクタ形燃焼器蒸発管形燃焼器,などに細分される.これらの構造および燃焼機構は多種多様であるが,いくつかの形の燃焼器に共通する部分は以下のとおりである.気体燃料,液体燃料の噴霧,あるいは固体燃料の微粒子群を燃焼させる場合には,バーナあるいは保炎器を用い火炎を安定化する.気流に回転を与え,燃焼空間の形状を制御したり,燃焼をさらに安定化させるのに,スワーラがしばしば用いられる.スワーラを設置したうえで,適当な位置に二次空気孔を設けると,その上流が循環流に支配される一次燃焼領域,下流がプラグ流的な二次燃焼領域となり,火炎の安定性が向上する.この場合,スワーラを通る空気を一次空気という.