ユーザ用ツール

サイト用ツール


燃焼効率

combustion efficiency

 燃焼装置に供給した燃料の低発熱量Heに対する実際に燃焼過程で発生した熱量Qcの比.すなわち,燃焼効率ηcは,\[{\eta _c} = {Q_c}/{H_e}\]で定義される.理想的に燃焼が進めば,この値は1である.この値が1に達しない原因は,不完全燃焼損失があるからである.不完全燃焼損失は,燃料が完全に燃焼しないで燃焼装置外に放出されてしまうため起こるもので,排気中に不完全燃焼成分が含まれることによるものと,残留灰分に未燃の燃料成分が残留することによるのとがある.燃焼効率の向上は,これらの不完全燃焼損失の原因を排除することにかかっている.