ユーザ用ツール

サイト用ツール


粘性率

viscosity

 粘度または粘性係数とも呼ばれる物性値.運動量移動におけるニュートンの粘性の法則,τ=-μ(du/dy)における比例定数μ(Pa・s)をいう.一般に,気体の粘性率は常温常圧で5-30×10-6Pa・sであり,絶対温度の平方根にほぼ比例して大きくなる.低圧では圧力の影響は小さい.混合気体の粘性率はウィルクの半実験式で求められる.液体の粘性率は常温常圧で5×10-5-102Pa・sと広範囲であり,温度とともに減少し,圧力とともに増加する.粘性率の温度依存性はアンドレードの式で表される.