ユーザ用ツール

サイト用ツール


比熱

specific heat

 物質の単位量を1Kだけ温度上昇させるに要する熱量で,物性値.単位は(J/(kg・K))または(J/(mol・K))で,後者は特にモル比熱という.出入りする熱量は変化前後の状態だけでなく,変化の過程によっても変わるから,比熱も過程によって変わる.重要な過程は定圧変化と定積変化で,それぞれの場合の比熱を定圧比熱\({c_p}\),定積比熱\({c_v}\)と呼ぶ.液体と固体では両者の差は無視できる場合が多い.しかし気体ではこの差は大きく,例えば理想気体では\({c_p} - {c_v} = R\)が成り立つ.Rは気体定数である.\(\kappa = {c_p}/{c_v}\)を比熱比という.